メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 思いがけない訃報
開始日時 2021年 10月 18日 (月曜日)   (全日イベント)
終了日時 2021年 10月 18日 (月曜日)  
場所
連絡先
詳細 彼の義理のお兄さんの兄弟がハートアタックで亡くなったと今朝知らせを受けた。ペンシルベニア州に住んでいるそうで大きなアメリカの中ではそう遠くもない、でも近いともいえない場所。年齢は知らないけど60前後でないかと思う。義兄のお父さんは56歳で亡くなったそうで、義兄がここ一年くらい今までにないくらいハイキングなどに出かけているのをFacebookで見ているけれど、ハートアタックの多い家系という事で健康を気遣っての事だという。義兄は一昨年だったか?60を過ぎたのだった。そう考えると私もいろいろ気をつけなくちゃと思うところはあるけれど、食べる事も運動もあまり積極的に健康的な事をやってない。
アメリカに来てから本当にお葬式の話が多く、おそらく自分の年齢がそういう年齢になったのだと思う。
若い時には遠くにあった死を嫌でも身近に感じさせられる。

彼のお兄さんの奥さんは癌でだいぶ悪いらしい。
精神の病気のせいなのか、単なる意地悪なのかわからない行動や発言も多かったけど、私の知っている彼女の健康そうに見えた時期はほんの僅かで、義父の家を出て以来、旦那さんをこちらの家族から遠ざけるようにして全く付き合いはなく、義兄がそれで良いならば良いけれど、病気のことを聞いた時は残されることになるだろう義兄が気の毒になった。

こういった電話一本で世界がクルッと変わる。
諸行無常を思い起こす瞬間。
永遠に生きられる人はいないし、だから一期一会も大切になんて話もするけど、なかなかそんな風には生きられず、だからこんな瞬間にドキッとするのだと思う。

今日も話題に何歳でリタイアするのかという話に彼は死ぬまで現役と答えたそうだけど、年金が少な過ぎてリタイアできない現実は悲しいものの、死ぬまで現役で暮らせたらそれはそれで幸せな気もする。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 10月 19日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea