メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 町内会って言葉に
開始日時 2021年 5月 12日 (水曜日)   (全日イベント)
終了日時 2021年 5月 12日 (水曜日)  
場所
連絡先
詳細 懐かしい響きだなぁ、と思った。
アメリカにはそういうのが無い。ここでも、前に住んだ別な地域でも町内会だとか隣組だとかいう類のものはなく、田舎は家から歩いて出る人はほとんどない自動車社会だから、注意して見てないと隣はどんな人が住んでいるかなんてわからないと思う。この10年、一回お隣さんが入れ替わって、その人は一度挨拶に来たけど、形式的な事でないと思う。
日本の友達のメールに町内会の役員で700世帯もあるから大変って言葉に、それは大変だとしみじみ思ったのと、日本の文化の一つかなとも思った。何事にも良い事もあればそこに生まれる悪い事もあるもんで、仕事のできる彼女は大いに働いているのだと思う。
アメリカでどこかへ引っ越して地域の事を知りたい、地域の人と交流を持ちたいと思ったら教会へ行くのかなぁと想像している。うちの彼のようにどこでも、誰とでも話をするのが好きな人はともかく、私のような性格なら10年経っても知り合いなどできないかもしれず、無人島で暮らしているが如く。町内会ってのは嫌でも関わってくるから、煩わしくもあり、でも災害時などには役に立つ事も多いかもしれないと思う。

昨日、一件クラフトショーの申し込みをした。6月始めのショーでいつから計画されていたのか知らないけど、秋のフェスティバルを確認していて見つけた。ハッキリとはわからないけれど毎年行われていたアップルスクイーズという名前のお祭りがアートウォークという名前のクラフトショーに置き換わったのかと想像している。そして今の時期にはルバーブフェスティバルというお祭りがあったけどこれも同じく、この大きなアートショーを手がけているところへ任せたのではないかと思う。
アップルもルバーブも収穫祭のような響きのお祭りでクラフトショーにしてしまって良いのか?なんて事をすこし考えたけど、コロナが終わるまでは何でもありだと思う。ここが開いているクラフトショーは室内のものが多く、参加費用が高すぎて申し込めなかった。一応審査のあるショーだから先方が受け付けてくれるかどうかもわからないけど、とにかく費用が高い。
ただ新しく開く街のフェスタに変わったショーは値上がりしたとはいえ考えられる範囲の値段だったので、毎年出かけていた所だけに行きたいと思う。6月か9月のどちらか一つでいいのだけれど、一応両方に参加意欲があると書いておいた。
もしも6月の方に参加できるとしたらもう3週間くらいだから、気持ちが忙しくなる。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 5月 13日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea