メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 山火事やコロナに・・・ニュースに思う
開始日時 2020年 10月 27日 (火曜日)   (全日イベント)
終了日時 2020年 10月 27日 (火曜日)  
場所
連絡先
詳細 ニュースを見ると気持ちが萎える。大統領討論会はFacebookの投稿に「もううんざり」って書き込みもあって、どううんざりなのかと記事を読んでみたのだ。
大したことは書かれてなかったので斜めに読んでしまったけど、どっちもどっち、選挙の討論なのか、悪口大会なのか、区別が難しいと感じた。これは以前のヒラリーとトランプの時同様。その前は見てないのでいつもこうなのかは知らない。
とにかく内容がない。
私が聞きたいのは相手の悪口や弱点ではなく、政策をわかりやすく説いて欲しいだけ。例えばロックダウンをするならどのように経済被害を少なく済むよう計画するのか、ロックダウンをしないならどう弱者を守り医療崩壊を防ぐのか、どちらを選んでも身を切る選択なのだと思うし満点の答えもないのだと思うけど、その考え方は立候補者の考え方を知る上で大事なことだと思うから。そういうことがきちんと説明できないのでは「もううんざり」となると私は思った。
感情論や、誰かの思いつきでは先に進めない。過去の例や科学的な根拠も取り入れて、どうするべきかを考えて示して欲しい。ウイルスは初めてのことだらけでも感染症は過去にも例があるのだし。今フランスでコロナが再燃焼しているところを見れば、アメリカも感染者が増えているわけだから、大統領選よりもそちらの道筋をしっかりつける事が最優先じゃないかと思うし、それができる人が大統領になればいいと思う。
先日読んだ本に民主主義の良くない点は歴史を見ても民が十分に賢くなることはありえないから良くない、というが如しだなぁと思った。
あ、この本の著者は民主主義を否定しているわけでなく、だから良い指導者が必要なのだと書いていた。多くの人を引っ張っていける信頼を得られる指導者。強いではない。分断を深めるような人間でもないと思う。
反対意見の人へも「それならば致し方ない」というところまで説得を行える人だと思う。単なるメディアカリスマでもない。上に立つ者が汚い言葉で誤解を招く発言を平気でしていると、民もそうしていいのだな、と悪い空気が広まっている気がする。英語が分からなくて良かった、と思う討論会の様子とか、日本語訳を読んでも何だこりゃの討論会。どうしてここに熱狂的になれる要素があるのか分からない。
先日のフランスでの教師殺害事件でフランスの風刺画が問題視されているけど、そこはフランスの文化だから「事件があったからと言ってこれを規制するつもりはない」って事だけど、やっぱり異文化を肌で理解するってできないのかな。ただ問題は風刺画じゃなくて、社会に漂う空気なのだと思う。風刺画はきっかけを与えたに過ぎないと思う。

今朝はまたカルフォルニアの山火事が写っていた。
この山火事の原因、地元住民からの苦情で人為的な野焼きを行わなくなった事や、野焼きが安全に行えないくらい居住区が広がった事にも原因があるらしく、火事は自然発火だけど人災と言える部分もある。
カルフォルニアのような大きな森林がない田舎でも野焼きって私が子供の頃に行われてた。
あれは火事を防ぐってわけじゃなく農地のためだったのかな。
昔は田んぼがあって、田んぼで藁を燃やしたりしてたけど、煙の苦情で燃やせなくなったとか、そんな話もあったような。
生活が都市化されてその土地の風物詩みたいなものも煙たがられるようになってしまった。

こうして考えていくと、いつも私たちが快適で便利な生活を求めた代償なのかなとというところに行ってしまう。言葉も文化も違う人間が狭い場所に一緒に暮らすのは大変な事だ。自分の秤で測りきれない事がたくさんある。つまり忍耐も必要なはずだけど、誰だって我慢は嫌い。手っ取り早く楽になれる方へ傾く。

今朝はアメリカ版NHKニュースで癒しロボットが映されていた。
学校や高齢者施設で喜ばれている様子が映っていた。犬型ロボットができた時には欲しいって思ったけど、今はどちらも欲しくなくなった。
確かに可愛らしい見栄えて、体温くらいの暖かさがあって、抱いていると落ち着くとか、呼ぶと来る姿が可愛いというのもわかるんだけど、これも手っ取り早く、苦労が少なく癒しを与えられるってどうなんだろう、みたいな事を考えてしまったのだ。赤ん坊は可愛いけど泣くし、オムツも替えなくちゃ。生きた可愛いものは癒しもくれるけど手間もかかるのが普通なのに。これでいいのか?バカボンのパパみたいに「これでいいのだ」と思いたいけど。。。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2020年 10月 28日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea