メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 大河ドラマに思う
開始日時 2021年 2月 12日 (金曜日)   (全日イベント)
終了日時 2021年 2月 12日 (金曜日)  
場所
連絡先
詳細 廃藩置県という言葉や意味は学校で習った。
年号や言葉を覚えることが試験で必要だったから、歴史も地理も暗記の教科って事で誠に頭に入らなかった。故に苦痛で苦痛で、全然面白いと思えなかった日本史。大河ドラマを見始めて学校の授業もこのくらい面白かったらもう少し興味も湧いて暗記の意欲も出たかもしれないと思いつつ、やはり人の名前や場所をきちんと把握できる脳みそでないようで、ドラマが変わるたびに重なる部分はあるはずなのに繋がらなかったりする。
廃藩置県で何が問題になって人々の暮らしにどう反映されたのか。
ドラマは会津の人が中心に描かれているけど、戦も恐ろしかったが、戦に敗れるということは君主を失うということは死ぬよりも辛い目に遭う。そんな中をも生き抜く精神力、価値観の変化、これからどんな風に見せてくれるのかな。寝不足と楽しみはまだまだ続く。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 2月 17日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
Guest
投稿日時: 2021-2-16 0:35  更新日時: 2021-2-16 0:35
 Re: 大河ドラマに思う
こんにちは💗
お、この大河は今始まった「晴天を衝け」というドラマですか?
渋沢栄一の・・。
私も歴史に興味あって面白いと思うものの、とても歴女にはなれない記憶力で、俳優さんの顔と将軍の名前がリンクするくらいがオチです。最近は俳優の名前さえ出てこないから、困ったものです💦
でも、そうですね、廃藩置県にしても、武士の時代からの変遷もそうだし、攘夷とか、当時の人たちからしたら、ものすごい時代の変化を受け入れるわけで、しかも情報がないから、不安だったでしょうね。
今だって、コロナに対して、何が正しいのかは分からないし、アールさんが書かれてるように、地球が何かを試しているようにも思えます。コロナが生活を一変させたのは、紛れもない史実となるでしょうね。

レッスン3月12日なので、テンペストの回答、少しお待ちくださいねm(__)m
月1レッスンで、間は気が抜けるのですが、直前に焦ります

ではでは〜まだ寒いようなので、暖かくしてお過ごしください🛁
雪、すごいですよね!

rafuma
返信

投稿者 スレッド
earl
投稿日時: 2021-2-16 10:05  更新日時: 2021-2-16 10:05
管理人
登録日: 2010-11-15
居住地:
投稿数: 1385
オンライン
 Re[2]: 大河ドラマに思う
「晴天を衝け」は渋沢栄一のストーリーだそうですね、私の地元に近いところの話だし、時代も今見てた大河と重なるので是非見たいものですが、私の契約しているオンラインで見られるのは何年先かしら。

私が見ていたのは「八重の桜」です。会津藩では銃を持って戦い、藩がなくなってからは学校教育の現場で奔走し、日清戦争ではレッドクロスで働き、本当によく勉強して働いた人なのだと感心しました。何事も始めたら極めるまでやるのが武士の習いだそうで、そう覚悟して始めると考えたら、自分には何も始められそうにありません。なんの覚悟もなくのほほーんと生きていると思います。この後に続く戦争で特攻やたくさんの人が自ら命を立つような事が起こったのは、この長い武家社会の習わしの名残りのような。のほほーんとしていても生きていられる今の世はこういう時代の後にできたものなのだと思うと不思議でなりません。それも今の自分の年齢では大昔という気がしない時間になりました。

国の成り立ちなんて・・・と学生の時には勉強ができない言い訳として蔑ろにしてきましたけど、知識があると見える景色は随分と違うものになるでしょう。遅すぎる反省ですが、きな臭い今の時代にひしひしと感じ入ります。

レッスン記、楽しみにしていますね。
返信

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea