メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 婦人科検診
開始日時 2020年 9月 22日 (火曜日)   (全日イベント)
終了日時 2020年 9月 22日 (火曜日)  
場所
連絡先
詳細 去年受診した時に一年後の予定を入れた。それが明日なのだけれど、一応保険の確認をした方がいいと連絡すると州外なので適応外といわれた。
しかし、2017年から既に3回受けて、一度も請求書が来ない。
乳がん検診のマモは2017年は同じ州外の病院内で受けたのだけれど、2018年から同じ病院で保険がきかないといわれてNY州のうちがよく利用する病院の施設で受けている。婦人科検診も上と下では扱いが違うのかと思ったくらいで深く考えず、今年も考えずに行こうと思っていた。
ただ、保険適用でなかった場合に自費で支払いますって書類もあった気がするので、金額も確かめずに行くのはどうかとも思い・・・正直進んで受けたい検査でないだけに・・・サボろうかな、なんて思ってしまっている。
ま、ちょっとだけ先延ばし・・・とか。
健康保険を使うと紙の無駄と思う厚さの手紙が送られてくる。いつ何処でいくらかかったという明細書でいつもちょっとお伺いしただけで300ドル〜500ドルくらいかかる。血液検査の高いこと。ちょっと具合が悪いくらいでは病院へ行きたくない気持ちになると思うよ。で、そういえば、2018年から婦人科検診の時の保険会社からの手紙はないような気もするし、もう捨ててしまったみたいで確認もできない。でも、じゃぁだれがはらってるの?と言う疑問が。 ただ、婦人科検診は誰でも良いとはなかなか思えなくて、今かかっている女医さんがとても親切なので、変わりたくないなぁと言うのが一番。自費でかかろうかなぁ。
わかりにくい保険の内容も鬱陶しいけど、この適応範囲の狭さは州境に住む者にとってはとても迷惑。国境みたいだ。保険会社を変わるってその鬱陶しさを乗り越えないとできないわけで・・・あぁ、日本語で説明が読めたらなぁ、と思う。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2020年 9月 25日 (金曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
Guest
投稿日時: 2020-9-23 20:39  更新日時: 2020-9-23 20:39
 Re: 婦人科検診
やはり医療費、高いのですね・・。
日本だと、市区町村管轄で大概の検診が安価でできるとは思いますが、あるいは、社会保険で。受診科目ごとに違うというのは、ややこしいですよね。
私も、実はこのところ検診はあえてやめています。
バリウムから始まってあまり意味がないというのもあり、会社で毎年行っていたのを。。
婦人科もアールさんと一緒でいい女医さんがいたのに、閉業されてしまい、それ以来行っていません(^^;
見掛け上悪くなさそうではあっても、ほんとは行った方がいいのでしょうねぇ。

ピアノ、やはりちゃんと調整されたもので弾くのは違うのでしょうね。相変わらずデジピなので、Twitterのフォロワーさんに、アコピで弾いて〜と言われていますが、どうしようもない状況です
まぁ、手も痛くなりそうなので、控えめ練習だし、気力も減退気味ですが。
今日はレッスン行ってきます

rafuma
返信

投稿者 スレッド
earl
投稿日時: 2020-9-24 10:36  更新日時: 2020-9-24 10:36
管理人
登録日: 2010-11-15
居住地:
投稿数: 1378
オンライン
 Re[2]: 婦人科検診
レッスンへ行ったらやる気が出るかも?
毎週通うのは大変だったり、でも時間が空きすぎると一旦出たやる気がまた萎んだり、何事もモチベーションを高く持って長く続けるって大変ですよね。
アコピの弾ける時間ができるといいですね。私も住宅事情でデジピも使った事がありますが、デジピではまずまず弾けたと思ってレッスンに行ったら、生ピアノではとんでもなくひどい音が出てギョッとしました。ヤマハさん、音を美しく加工しすぎです。

rafumaさんも検査をサボってるんですね。私は大腸カメラも嫌なのでサンプルで血液反応が出たら「それ」受けます・・って事で逃げてます。50を過ぎると有難い事なんでしょうが検査項目が増えて恐ろしいです。血液反応が出てからでは遅いのよ、早期発見にならない、と脅されもしますが。
婦人科健診も嫌でしたが、何かあった時に頼れるドクターがいた方がいいと思って出かけ始めたんです。でも今回みたいな事になると検査は自費でも受けられそうですが何か見つかった時に治療を自費で受け続けるのは無理かもしれないので、そしたら州内でドクターを探した方がいいのか。。。保険適用エリアが広くなったり、免責金額の有無大小で保険料が大きく違うので、私の婦人科受診のためにたくさん保険料を払うか?って選択になります。すんごい高いの、おそらく一人1000ドル(10万円)下らないんじゃないかな。ギャンブルみたいなもんで、病気がわかるまでは「要らない」って思う金額でしょ。

健康に勝る宝なしですね。
返信

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea