メインメニュー
お問い合わせ
ご用件のある方はメニューの「CONTACT」よりお問い合わせください。その際、返信用のメールアドレスもお忘れなく
このブログについて
管理人:earl(アール)。
アメリカ、ニューヨーク州の田舎在住。ブログはアメリカ東部標準時間で表示しています。
言語選択
LINK
JEFFBENTLEY88.COM
Piano Technician
ピアノ修復と調律

TOMI Gallery
Hand-weoven items
手織りのギャラリー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

予定表 -詳細情報-

件名 マモグラフ
開始日時 2021年 6月 21日 (月曜日)   (全日イベント)
終了日時 2021年 6月 21日 (月曜日)  
場所
連絡先
詳細 2月に検査の予約を入れるとドクターは言ったけれど、その後なんの連絡もなかった。5月にもドクターに会ったけれど、それについては訪ねなかった。痛くも何ともないわけで、どうしても受けたい検査でもないから。
でも先日検査病院へ電話すると担当医からの指示がないと受け付けられないと言われ、近所の病院へ電話するとすぐにファックスを入れると言う事らしい。尋ねると指示は2月に出ていたということで、医者の指示は確かにあったことはわかる。この近所の病院が連絡を滞ったのか、連絡を受けた検査病院が連絡を滞ったのかわからないが、医者も指示は出すもののそれが行われたかどうかまで気を使うことはなく、本当に受けたかったら自分から行動を起こさないと誰も気にしない。
ま、そんなことだから、検査病院系列の担当医に代わりたいと考えているのだけれど、そういうと彼は「医者が気に入らないのか」と言う。
特に気に入っているわけでもないけど、気に入らないわけではない。それほどこちらで医者を知らないし、検査を受けるのには担当医の指示が必要なので大事と言えば大事なのだけど、具合の悪い時に会えた試しがない担当医だから、だったらこの人でなくても良いんじゃないかと思うのだ。病院の系列が変わってから不便な事が増えた。

この病院事務も仕事がいい加減。

検査結果に何かあれば専門医へ行くのだから、その時に世話になりたい系列病院の方が便利と思うのは自然だと思うのだけど。10年経っても慣れないアメリカの医療現場。日本も医療費が上がっているようだけど、アメリカに比べたらまだまだマシで、もちろん保険適用の治療には限りがあるかもしれないけど、いやはや・・・健康診断ひとつ受けるのも大変な事です。去年に検便検査した結果も知らせがこないし、知らせのないのは良い知らせと勝手に思ってほってある。
カテゴリー つれづれ日記
投稿者 アール
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 6月 22日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright © Since 2007 Earlgrey_tea